薬を使わない精神科医/みやじっちのメンタルセラピー
薬を使わない精神科医/みやじっちのメンタルセラピー

みやじっち プロフィール

うつヌケ精神科医・宮島賢也

27才の時にうつ病と診断され、当時の主治医からは、「薬は一生飲み続けた方が良いよ」と言われ、7年間薬を飲み続けながら医師の勤務を続けていた。

しかし「薬では根本的に治らない」と気づき、薬以外の治療法を探し始める。

成功哲学のジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』に出逢い、考え方や食べ方を変えることに半年以上かけて取り組み、うつトンネルからぬけて、薬も止めることができた。メンタルセラピーを考案し、薬を使わない精神科医と名乗り、ジェイ・コミュニケーション・アカデミーさんで、メンタルセラピスト養成講座を行い、メンタルセラピーや改善した患者さんのことを本にしてきた。

 

勤め先の医院が閉鎖し他の医院を探している折、2016年8月に、知人の紹介によりうつ病などが数ヶ月で治癒する「YSメソッド」という治療法に出会う。

早速自分自身もYSメソッドを体験。すでにうつヌケしており解消されていると思っていたが、YSメソッドを受けた時に根本原因が解消されたことにより、これまでのやり方では根本原因が解消されていないことに気づき、愕然とする。

「薬を飲んでいても、飲んでいなくても根本的にうつヌケできる、こんな治療法があったのか!」という感動に近いものを感じた。

 

自身のYSメソッド体験直後から、このメソッドで患者さまのうつ病を治したいという思いに溢れ、なぜかトントン拍子に話が進み今ではYSこころのクリニックの院長として、日々患者さまやご家族の方々と接する。

患者さまの「治って良かった」の言葉と、さらには「うつ病になって良かった」という信じられない言葉を聞く日々に、YSメソッドの驚異的な効果とともに、お役に立てる喜びとやりがいを感じている。

薬のみに頼らず、改善率96.7%以上という成果を出す「YSメソッド」が、薬やその他の治療法を一切なくても治癒できる治療法であることのみならず、逆に薬やその他の治療法と併用できることも大きなメリットであるため、これまで薬を使わない精神科医と名乗ってきたが、現在は、薬を使う使わないという方法論ではなく、治るかどうかという結果論で見ていく方針とした。

 

2017年の流行語大賞にノミネートされた「うつヌケ」。

35万部以上の大ヒットを記録している漫画家田中圭一さんの「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~」は、田中圭一さんのうつ病脱出体験をベースに、同様にうつ病からの脱出に成功した人たちをレポートする画期的なドキュメンタリーコミック。

その田中圭一さんがうつを発症し50歳のときあわや生命を絶つ寸前で出会ったのが宮島賢也の自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書)。自分を救ってくれた宮島医師への恩返しということで書いたのが「うつヌケ」。

多くのうつ病で苦しむ方々への光明となっている。

YSメソッドに出逢い、メンタルセラピーを手放し、より多くの方の寛解にお手伝いできるようになり、YSこころのクリニック院長としてさらなる発信を継続中である。

 

宮島賢也 著書 

 

最新刊:『薬を使わない精神科医の「うつ」が消えるノート』青春出版 

最新うつ病治療 東京八重洲・日本橋の心療内科・精神科

PAGE TOP