薬を使わない精神科医/みやじっちのメンタルセラピー
薬を使わない精神科医/みやじっちのメンタルセラピー

2015年

5月

06日

5月6日(水):若年性線維筋痛症シンポジウム

若年性線維筋痛症とは?~子どもの線維筋痛症を知ろう~

現在、日本に於ける若年性線維筋痛症の理解、認知度が非常に低い状態です。子供たちを取り巻く環境、学校、医療の現場でも誤解を多く生んでいる現状を少しでも改善したく、症状、治療方法、正しい情報の提供をする機会としたいです。

連休最終日、ご家族、お友達、学校の先生など・・線維筋痛症を是非知ってほしい周りの方にも声をかけて、有意義な時間を過ごしましょう。子どもも、大人も線維筋痛症を正しく理解して、治癒へのヒントを見つけましょう!

  • 日時:2015年5月6日(水) 受付開始:11時30分/12時~16時
  • 場所:新宿区ホール 牛込箪笥新宿区ホール
  • 定員:300名
  • 料金:線維筋痛症友の会会員 1000円※介助者は1名まで無料
       会員外 2000円
  • 参加対象:患者、家族、医療関係者(線維筋痛症に関わる方)、学校関係者、福祉関係者 ※どなたでも参加できますが、営業・勧誘の方はご遠慮ください。
  • 詳細・お申込み:若年性線維筋痛症きずなの会


<プログラム>

12:00 開会

  1. 国際医療福祉大学熱海病院院長 横田俊平先生
    ~若年性線維筋痛症の本態に迫る・・世界の実情から~ 
  2. 東京女子医科大学附属膠原病リウマチセンター講師 宮前多佳子先生
    ~若年性線維筋痛症における心理評価・・家族背景と発達特性~
  3. 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター リハビリテーション科 倉田典和先生
    ~線維筋痛症のためのリハビリ実技~
  4. 横浜市立大学附属病院小児科 菊地雅子先生
    ~若年性線維筋痛症臨床現場から 患児と接していてわかること~ 
  5. 質疑応答

16:00  閉会


<みやじっちより>

線維筋痛症友の会の事務局をしている難波さんは、お子さんが線維筋痛症で、宮島健也が医院長を務める湯島清水坂クリニックに通院、ご自身が<心配するお母さん>を辞めた後、お子さんも病を卒業し、今は大学を楽しんでいます。難波さんはメンタルセラピスト養成講座にも参加され、見事メンタルセラピストになりました。

今回のシンポジウムは若年性ですが、大人の方にもヒントがあると思います。線維筋痛症も卒業する人が増えますように。

PAGE TOP
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(c) miyajitti All Rights Reserved.