薬を使わない精神科医/みやじっちのメンタルセラピー
薬を使わない精神科医/みやじっちのメンタルセラピー

人は素敵なことを考えるんだね!

【コラム】生きるって、スゴイ!:第2回

人は生まれた瞬間から死に向かっての秒読みがはじまる。当たり前ですが。

通常、人生を全うして亡くなると、お葬式に初七日に一周忌に、初盆などなど、亡くなった方の供養の行事がまっている。

最近では、故人を忍んで「お別れの会」をする方も増えてきているとか。

 

沖縄県八重山(石垣島)などに伝わる「アンガマ」をご存知だろうか。

数年前にその様子を写真で見せてもらったことがある。にわかには信じられない!

「アンガマ」は分かりやすく言うところの「儀礼集団芸能団」。旧暦7月の盆に家々を回り舞踊や念仏踊り、アンガマじいさん・ばあさん(あの世の人)とこの世の人がユーモラスなやり取りをする。

それはそれは、とても賑やかでユニークなやり取りだそうだ。

地元青年団がその役をかってでる。おじいさんとおばあさんの仮面をつけて、あの世のようすを話してくれる。三線と太鼓が鳴り響く中、それも楽しそうに……。

この世の人の質問にも応えてくれるって、亡くなった人との、こんな交流もあるのかと驚かされる。

とてもほがらかで温かさと存在感がある。

すごいです。人って素敵なことを考えるものですね。

 

 

文:林さち子 / イラスト:yam

PAGE TOP
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(c) miyajitti All Rights Reserved.